節税対策に適した投資|プロに任せて楽々マンション投資をしよう!

プロに任せて楽々マンション投資をしよう!

節税対策に適した投資

アパート

最近は、将来を見据えてマンション投資をする人も増えてきています。マンション経営はあくまでも不動産投資の投資方法の1つですが、近年は管理会社を設立して法人化する人が俄に増加している傾向があります。これには理由があります。それは税金対策です。マンション経営を通して2000万円以上の利益を得た場合は支払わなければいけない税金が非常に増加してしまうのです。これは所得税が大きく関わっています。個人の収入が控除金額を差し引いて1800万円を超えると最高税率が適用されるのです。そのため、2000万円を超すような利益を手にすることができた人は法人化することで課税率を下げた方が良いのです。個人に対する税率と法人に対する税率が異なりますので、法人化した方が節税対策になって有利というわけです。

マンション経営を行う上で有利になる資格があります。それは宅建です。この資格は不動産売買において必要不可欠な資格であり、不動産会社には必ず宅建保有者が雇われています。そのため、転職や就職するときに非常に有利になる資格です。もちろん、マンション経営にもその知識は活かすことができます。また、マンション管理士も同じように役立つ資格です。マンションの入居者トラブルについて、法律に基づいて解決するのがマンション管理士です。マンション経営においては不特定多数の人が住んでいて、トラブルの発生が起こることも十分あります。そのため、これを取得しておけば万が一のときに役立ちます。他にも管理業務主任者という資格もおすすめです。